Q&A

  • Q.デジタル放送とアナログ放送、何が違うの?

    A. 映像や音声を0と1のデジタル信号に置き換えて送信することがデジタル方式です。
    これまでのアナログ方式と比べて、ゴーストや雑音のない映像と音声の受信が可能となります。
     また、デジタル化により、高画質・高品質なハイビジョン放送、天気予報やニュースなどの情報を常に入手できるデータ放送、字幕放送などの高齢者や障がいのある方にやさしいサービス、1週間先までの番組情報が見られる番組表など今までにない高度で多様な放送サービスが可能となります。

  • Q.アナログ放送はいつまで見れるの?

    A. 2011年(平成23年)7月24日に全国一斉に地上アナログテレビ放送が終了し、地上デジタルテレビ放送のみの放送になります。地上アナログ放送は、7月からの放送終了のお知らせ画面等の表示を経て、7月24日正午にすべての放送が終了(完全停波)します。
     それまでに地上デジタル放送対応テレビの購入等、地上デジタルテレビ放送を視聴できる環境へ移行していただくことが必要となります。

  • Q.今のテレビは使えなくなるの?

    A. 現在ご使用中の地上アナログテレビ放送のテレビでも、地上デジタルチューナーまたは、地上デジタルチューナー内蔵録画機を使用することにより、地上デジタルテレビ放送を視聴することが可能です。

  • Q.今のビデオデッキで地上デジタル放送を録画できるの?

    A. 基本的には、現在ご使用のビデオデッキに地上デジタルテレビ放送対応テレビやチューナーを接続することで録画することが可能になります。ただし、ハイビジョン録画できない機種では、録画・再生される画質は標準画質になります。詳しくはビデオデッキを購入された電器店やメーカーにお問い合わせください。

  • Q.ダビング10って?

    A. 地上デジは高画質が大きな特徴のひとつですが、ダビングした高画質のDVDが不正に出回れば、番組等の権利が侵害され、番組提供に支障をきたすおそれがあります。こうしたことを防ぐため、コピー制御がかけられています。
     このことを「ダビング10(ダビングテン)」と言います。ダビング10では、ハードディスクに録画した番組を他の記録メディアに9回ダビングすることができます。
    (10回目のダビングをしようとすると、ハードディスクに録画された元の番組は消去されます)

  • Q.「ワンセグ」は携帯電話の通話可能エリアであれば見れるの?

    A. ワンセグは地上デジタル放送のサービスの一つであり、携帯電話とは異なる電波を使用していますので、携帯電話の通話エリアと「ワンセグ」の受信可能なエリアは異なります。
     また、地上デジタル放送のエリア内であっても、地形や建物などにより電波がさえぎられる場所や電波の弱い場所、トンネル・地下・建物の中など電波が届かない場所では「ワンセグ」が受信できないことがあります。


Proin sit amet mas